おまとめローンデメリット

滋賀県内一戸建て分譲、活況  着工増加率全国トップ

滋賀県で一戸建て分譲住宅の新設件数の回復基調が鮮明になってきた。昨年一年間の着工件数は対前年比の増加率が全国トップとなり、1月も好調を維持した。政府の住宅取得促進策などを背景に、環境が良好で安価な住宅が手に入りやすい滋賀が再び消費者や住宅メーカーから注目を集めている。
 国土交通省がまとめた昨年の建築着工統計によると、滋賀県の分譲住宅のうち、一戸建ての新設着工件数は前年比40・4%増の1133戸だった。世界同時不況を受けて大きく落ち込んだ前年からの反動だが、増加率は全国の都道府県で最高を記録した。戸数ベースでも過去5年では2006年の1170戸に次ぐ水準だった。今年1月も前年同月比21・8%増の95戸で推移している。
 県内各地の住宅展示場には家族連れや若い人の姿が目につくようになっている。大津市の展示場に出展している住宅メーカーの担当者は「住宅エコポイントや長期固定住宅ローン・フラット35の拡充など政府の優遇策を受け、にぎわいが戻りつつある」という。
 大津市や彦根市など県内各地で一戸建て販売を手がける積水ハウス(大阪市)は「滋賀県は平野部にゆったりとした広さの土地を確保しやすく、手ごろな価格で提供できる」(広報部)としてJR沿線などで住宅開発を強化する方針を示す。パナホーム(大阪市)などは、200戸超の大規模住宅団地を整備するためJR草津駅に近い旧県立短大農業部跡地を取得した。
 滋賀銀行によると、地元の中小デベロッパーが5~10区画単位の小規模な住宅団地を開発する動きが続いているといい、「3千万円台前半の値ごろ感がある住宅が人気を集めている。今後は大手の開発が増える見通しで、地域経済の活性化が期待できる」(総合企画部)とみている

おまとめローン保証人なし

おまとめローンとっておきの秘策

会津若松美容室

賃貸物件

おまとめローン相談

おまとめローンをねらえ

おまとめローン対策

おまとめローンで笑顔がもどった

おまとめローンの明暗

おまとめローンでよみがえる

おまとめローンここが重要

おまとめローン重大な選択

キャッシングクレジット情報

おまとめローンという選択
[PR]
by omatome-2 | 2011-03-07 19:00

おまとめローンの使いこなし術


by omatome-2

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
おまとめローン
未分類

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧